otosanpo

アクセスカウンタ

zoom RSS 音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツC)

<<   作成日時 : 2012/08/03 12:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

★ドイツーライプチッヒにある聖トーマス教会、1482年〜1496年建築とされる。J.S.バッハはライプチッヒで人生後半の27年間を過ごし、ここ聖トーマス教会の音楽監督、オルガン奏者であった。その時期に書いた「マタイ受難曲」は有名である。

画像

★1908年に建てられたバッハ像。聖トーマス教会の前庭に教会を背景にして立つ姿は壮観である。

画像

★教会礼拝堂の内部。講壇反対面のオルガンは、教会が1884〜1889年にかけて改装された時に、それまでのオルガンに変えて設置されたもので、バッハ時代のオルガンではない。

画像

★バッハオルガン。バッハが使用したオルガンを忠実に再現したものが、2000年に会堂側面に設置された。
クラシックライブ録音・レコーディング・CD制作は専門のシオンレコードへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツC) otosanpo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる