アクセスカウンタ

otosanpo

プロフィール

ブログ名
otosanpo
ブログ紹介
★録音エンジニアの前田滋彦(シオンレコード株式会社)による音素材から、ヨーロッパの響きをご紹介するブログです。
今回は、ドイツ、ポーランド、イタリアの現地録音から生の響きをお届けします。収録場所は、古い教会、古城、古い宮殿の間、古い博物館などです。ヨーロッパの歴史的建造物によって音がどう変わるか、バロック音楽を中心にそれが当時演奏されたであろう場所で現地録音しました。音は収録したまま音圧以外は何も加工は施しておりません。残響はその建物の空間(アコースティック)そのものの響きです。建物の外観と内観の写真と、簡単な説明を添えておきました。アコースティックの違いによる音の響きと臨場感をお楽しみください。下の写真をクリックしてお聴きください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアF)
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアF) 今回のツアー最後の収録場所、パルマ市中心部の繁華街にあるサンタクリスチーナ教会。目立たない教会だが、中に入ると結構な広さで響きもある。ただし、繁華街の中心部に建つ教会なので、周囲の騒音がかなり入ってくる中での録音であった。(ルネサンス合唱曲) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/09 16:37
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアE)
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアE) パルマ市の中心に建つパルマ大聖堂。多くの観光客が訪れるパルマで一番大きい教会。録音当日は観光客を半日入場を制限しての録音であった。祭壇前方左側に設置された比較的新しいオルガン。この規模の教会としてはやや小さ目か。しかし音色は透明で礼拝堂一杯に響き渡る音はなんとも心地良い。教会内部の壁画はとても美しい。歴史的に重要な絵画も含まれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/09 15:47
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアD)
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアD) パルマ中心部から車を走らせて約20分、そこにコロルノ宮殿がある。北部イタリアで五番目に大きいといわれる宮殿。美しい庭園が広がり、中世の優雅な暮らしが想像される。今回録音で使用した宮殿の間は、30坪くらいの二階の小さな部屋。各部屋がこのような美しい絵画で装飾されている。響きは少ないが、このような間で当時バロック音楽が盛んに演奏されたのであろう。(イタリア歌曲、ヴァイオリン協奏曲、マンドリン協奏曲など) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/09 13:35
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアC)
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアC) パルマ2番目の録音はエヴァンゲリスタ教会の付属図書館でおこなった。この教会は、有名なパルマ大聖堂に隣接しており、大聖堂に並ぶ大きさである。今回はそこの付属の図書館での録音。中世時代に描かれた壁面の地図は教会の所在地を描いている。海戦の様子も興味深い。天井高が6〜7mほどで響きは少な目だが、この程度が一番聴きやすい。(合唱曲、フルート協奏曲) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 18:02
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアB)
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアB) 今回の最終録音地であるパルマはイタリア北部、ヴィチェンツァの南に位置する。今回最初に録音した場所は我々が宿泊したホテルから車で五分ほどの所にあるソラーニャ宮殿。ヴィヴァルディーの時代、おそらくこのような場所で演奏されたに違いない。そんな想像をさせてしまうような場所である。(四季よりー春・ヴィヴァルディー) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 16:29
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアA)
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリアA) イタリア北部にある都市、ヴィチェンツァ。市街は世界遺産に登録されている美しい町。町外れの小高い山の中腹にあるカステニェーロ教会が今回の録音場所。小さな教会であるが、響きは短めだが美しい。(金管アンサンブル、リュートと歌) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 14:05
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリア@)
音散歩ーヨーロッパの響き(イタリア@) 今回は最後の国イタリアを紹介します。最初の地はイタリア北東部の都市パドヴァ。ここのヴァルボーナ城が今回の録音場所。中世に建てられた城らしいが、年代は不明。外部の騒音、特に繊細なリュートの録音とあって城に住みついている鳩の鳴き声には悩まされた。(リュート曲) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 12:22
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドE)
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドE) 今回はポーランド最後の都市ボズナニ。ボズナニはポーランドの西部に位置するポーランドで五番目に大きな都市。中世ポーランド最初の首都でもあった。今回録音場所となったのは市の中心部にある比較的大きな教会(聖アンソニー教会)であった。残響が豊かで長い。(ヘンデル・水上の音楽、テレマン・オーボエ協奏曲、その他) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 19:03
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドD)
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドD) クラクフ最後の録音場所はクラクフ市街中程にある聖アンナ教会。クラクフでは中規模の教会で歴史は古い。オルガンが心地よく礼拝堂に響く。平日のお昼のミサの合間を利用して録音をおこなった。バッハ・前奏曲とフーガ(前奏曲) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 16:35
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドC)
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドC) クラクフ市街の有名なヴァヴェル城の近くにあるベルナルド教会付属ホール。広さは100坪位で天井高も5〜6mなのでそこそこの響きがある。写真は外観がなく、室内のみ。バッハ無伴奏組曲ープレリュード。古楽器のガット弦による柔らかでふくよかな響きをお楽しみください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 15:18
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドB)
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドB) クラクフの中央広場の一角にある「クラクフ市歴史博物館(フォンタナの間)」での録音。前回の「バロック小部屋」の道を挟んで向かい側にある。部屋は50坪くらいの広さ。天井高は5m位い。ここにチェンバロを運び込んで録音を行った。響きは少な目だが、「バロック小部屋」よりは多い。バッハ・インベンション、他。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 13:23
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドA)
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランドA) 今回の録音は、クラクフの丁度中心にある聖マリア教会と織物会館のある中央広場の一角にあるレストラン(バロック小部屋)でおこなった。今回のツアーでは一番小さな会場だ。天井高、容積ともに写真のとおり。響きはあまり期待できないが「バロック小部屋」という名のとおり、ここではバロックが演奏されることが多いという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/06 20:38
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランド@)
音散歩ーヨーロッパの響き(ポーランド@) ★クラクフは17世紀初頭、ワルシャワに移転するまではポーランドの首都であった。現在も75万人が住むポーランド第二の都市である。旧市街は世界遺産にも登録され、その歴史を感じさせる重厚な街並みはとても美しい。中世よりユダヤ人を積極的に受け入れる政策をとり、今でもユダヤ人地区には多くのシナゴグ(ユダヤ人の礼拝堂)がある。今回録音した場所は町のほぼ中心部にあり、ドミニコ修道院の礼拝堂でおこなった。アコースティックの響きは小規模ながら豊で美しい。(バッハ教会カンタータより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/03 17:20
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツE)
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツE) ★ドイツ(コトブス)−クロスター教会。コトブスはベルリンから車で南へ3時間ほどのところにある人口10万人ほどの町。ここにあるクロスター教会で録音を行った。大きさとしては小〜中規模の教会で、歴史は古い。響きとしては自然で癖のない艶やかな響きが特徴です。バッハ ブランデンブルグ協奏曲3番1楽章、他。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/03 15:17
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツD)
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツD) ★ヘンデルハウス(ドイツーハレ)。ジョージ・フリードリッヒ・ヘンデルは1685年ハレにあるこの家で生まれた。 この家は1948年以降、博物館として、ヘンデルの作品や資料、当時使われていた楽器のコレクションの展示場として、一般公開されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/03 13:01
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツC)
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツC) ★ドイツーライプチッヒにある聖トーマス教会、1482年〜1496年建築とされる。J.S.バッハはライプチッヒで人生後半の27年間を過ごし、ここ聖トーマス教会の音楽監督、オルガン奏者であった。その時期に書いた「マタイ受難曲」は有名である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/03 12:01
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツB)
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツB) ★ベルリン(ドイツ)ーベルリンフィルハーモニー ベルリンフィルの本拠地。コンサートホールは2440席ある。収録の合間にここを訪れた。 クラシックライブ録音・レコーディング・CD制作は専門のシオンレコードへ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/02 19:58
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツA)
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツA) ★ドイツ(ブランデンブルグ)−聖ペテロ聖パウロ教会 ベルリンから車で40分程のブランデンブルグ州の小さな町で二番目(?)に大きな教会。 響きは容積と天井が高く豊で、オルガンの響きが何とも言えず心地よい。 オルガンもかなり大きく、迫力がある。オルガン曲。 クラシックライブ録音・レコーディング・CD制作は専門のシオンレコードへ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/02 16:51
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツ@)
音散歩ーヨーロッパの響き(ドイツ@) ★ベルリン(ドイツ)ーダーレムドルフ・聖アンナ教会 ベルリンのダーレムドルフにある古い教会のひとつ。ヨーロッパの教会としてはやや小さめですが、豊な響きのある教会。 クラシックライブ録音・レコーディング・CD制作は専門のシオンレコードへ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/02 12:02

月別リンク

otosanpo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる